若返りのために生活習慣を見直そう

気が付くと老化のもとになることをしていませんか?

 

少し生活習慣を変えるだけで若返りにつながるので
無理なくできる生活習慣の改善をご紹介します。

 

生活習慣を見直してアンチエイジングにつなげましょう!

体を動かす

私の友人で食べても全然太らない人がいて、
そういえばその人はどこにでも歩いていくし、
一緒に歩いているといつもこちらの息が切れるくらい歩くのが早いです。
普段の生活習慣で体型や見た目の若返りに差が出るのでしょうね。
普段あんまり体を動かさないという人は、
普段のちょっとした生活習慣で運動不足解消を心がけてみてください。

ランニング

運動不足を解消する生活習慣

エスカレーターではなく階段を使う、ちょっと出かけるときに車や自転車を使わず歩いてみるなど少しの工夫の積み重ねが一年二年と続けるうちに若返りに大きな差がつくのです。

 

ウォーキングをしたくてもなかなか時間が取れないという人は、
普段利用する駅の一つ前で降りて歩いてみるのはいかがでしょうか?

 

例えば20分歩いたらどのくらいのカロリー消費になるか調べてみました。
体重が50キロの人だと、
歩く速度にもよりますがだいたい50〜60キロカロリー消費できるそうです。
たいしたカロリーじゃないなと思いますが、一ヶ月続けたらトーストなら8〜9枚分にもなるんですよ!
これはすごい!

スマホアプリで楽しく歩く

歩くこともいい運動で、走るのが苦手な方にはとてもおススメです。
ただ歩くだけではつまらない!という人はスマホの歩数計アプリなどで楽しく歩く工夫をして若返りにつなげてはいかがでしょうか。

 

私のおすすめは「Smanpo」という、
世界中の観光地の歩き旅を仮想体験できるアプリです。
歩数に合わせて、設定した都市の風景を見ることができます。
私はハワイやパリ、ニューヨークをよく歩いています^^

スマホ

食事の生活習慣を改善

早食いをやめる

食べ始めてから脳が満腹を感じるまで20〜30分かかると言われています。

 

早食いは食べ過ぎにつながり気づいたら苦しくなるまで食べてしまったなんて誰もが経験していますのね。
食事は腹八分がいいと言われるのはダイエットやメタボ予防のためだけではなく、
カロリー制限で長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子が活性化するという研究が進んでいて、
早食いをやめるとアンチエイジングにもつながります。

おやつを見直す

普段何気なく口に入れているおやつを変えてみると体型が激変するかも!?

 

と言っても大好きなケーキをいきなり煮干しに替えることはできないかもしれないけど、
飴など無意識に摂っているカロリーを減らすことできます。

 

毎日飴を口に入れる習慣がある人は余分な糖質やカロリーを摂っていることになります。
飴がほしくなったときはフリスクやタブレットにしてみるのも手ですね!

おやつ

飲み物を変えてみる

普段お砂糖たっぷりのコーヒーや紅茶を飲んでいる人は、
アンチエイジングにいいと言われる緑茶やマテ茶、ルイボスティーなどに変えてみてはいかがでしょうか?
清涼飲料水に含まれる糖分も想像以上に多いので糖化予防などアンチエイジング的には飲みすぎ注意ですね!

味付けを薄めにしてみる

普段から濃い味付けばかりにしていませんか?

 

塩分の摂取を減らすことで余分なカロリーが大幅に削られ、
自然と痩せ体質改善になります。

 

それには普段から薄口の味付けに慣れておくのもいいと思います。
自宅では減塩タイプのお醤油や味噌に変えてみたり、
出汁で味付けの工夫をするのもオススメです。