若返りに大事なのは睡眠の時間?質?

アンチエイジングには睡眠が大事なのはもはや当たり前。
気持ちよく眠れた日は頭がすっきりして肌の調子もいいですよね^^
若返りのためにただ眠ればいいというものではなく睡眠の質が重要です。

 

どんな睡眠がアンチエイジングにつながるのでしょうか?

 

質のいい眠りで美肌と若返りを手に入れましょう!

睡眠

睡眠が若返りにつながるのはなぜ?

レム睡眠

眠りにつくと成長ホルモンが多く分泌されます。
成長ホルモンは、入眠直後のノンレム睡眠時に多く分泌されています。

若返りホルモン

質のいい睡眠がアンチエイジングにつながるのは成長ホルモンがたくさん分泌されるからです。
成長ホルモンは成長期に骨や筋肉を発達させて、成人してからは
若返りホルモンと呼ばれるくらいアンチエイジングに重要なものです。
成長ホルモンは細胞を修復したり、抵抗力や免疫力を高めます。
睡眠で成長ホルモンの分泌を活発にすることが美肌や若返りに繋がると言われています。

睡眠時間

睡眠時間

睡眠時間が足りないと肌のバリア機能が弱まったり免疫力が落ちると言われます。

 

確かに寝不足が続くと私の場合は、
普段は治まっているアトピーの症状が出ることがあります。
最近は睡眠時間が短いと太る!という報告もあります。

 

美容と若返りには質のいい睡眠が効果的ですが睡眠時間を確保するのも重要です。
日本人の40代の平均睡眠時間は6時間とやや短めです。
カリフォルニア大学の健康調査では、理想の睡眠時間は7時間だそうです。

 

睡眠の質を改善!寝る前にNGな行動3つ

 

寝る直前の食事

食べ物の消化に負担かかかると脳や体のメンテナンス機能が胃腸にまわってしまうので食事は寝る4時間前に終わらせるのが理想です。

スマホやパソコンの強い光やブルーライトを見る

寝る前にブルーライトを見ると寝つきが悪くなると言う報告があります。
夜間のコンビニも照明が明るすぎて寝つきが悪くなるので早く眠りたいときは避けた方がいいようです。

副交感神経系の働きを妨げる

寝る前の激しい運動、熱すぎるおふろ、お酒やたばこなど交感神経を刺激する行動は控えましょう。

自分に合う枕の選び方

枕

寝いている間、長時間頭部を支える枕は睡眠の質を左右します。
枕が合っていないと起きたときに疲れが残ったり肩こりになったりします。
理想の枕は仰向けに寝たときに後頭部のくびれをしっかり支えてくれるもの。
立っている時と寝ている時の首の位置が同じくらいになる枕がオススメです。

寝ている間の首のシワを防ぐ

高すぎる枕で首にしわができると老けた印象を与えてしまうので
枕はアンチエイジングにもとても重要です!
枕は高すぎず、横向きで寝ても不自然な姿勢にならないものを選ぶのがポイント。
アンチエイジングのために自分にあった枕で質のいい睡眠をとりたいですね。