若返りにうれしい食事・食べ物を摂ろう

好きで食べていたものが実は老化を促進していたなんてことも!
40代のアンチエイジングはスキンケアやメイクなど、
外側からだけではなく体の中からも若返りを目指しましょう!
アンチエイジングに役立つ食事について書いてみます。

食事

老化を加速する食べ物

老化を加速させる食べ物は太りやすい食べ物でもあることが多いのです。
控えたい食事を挙げてみます。

NO

甘いおやつ

体内や血中で糖化現象を引き起こし肌や血管の老化を促進する。
糖化は酸化とともに肌の老化を促進させる原因として研究が進んでいます。

 

40代なら思い当たる肌のくすみや黄ばみの原因になります。
米・麺・小麦に多く含まれている糖質自体が体に悪いというわけではなく、
食事やおやつで摂りすぎてしまうと太りやすくなったり老化を促進させる原因になることがあります。

清涼飲料水

500mlの清涼飲料水には角砂糖約15〜20個分も入っていると言われています!
低カロリーの清涼飲料水には人工甘味料が使われているので摂りすぎに注意が必要です。

スナック菓子

スナック菓子はカロリーが高いだけではなく酸化しやすく、
体内で活性酸素が発生するので若返りを目指す人は要注意です。
袋を開けて時間が経ったスナック菓子は酸化も進んでいるので処分してしまった方がよさそうです。

アンチエイジングに役立つ食事方法

食べるタイミングや食べ方も若返りにつながります。

順番

野菜、繊維質の物から食べる

野菜など食物繊維を先に摂ると後からあとの食べ物の糖の吸収を遅らせて、
血糖値の上昇が緩やかになります。
この食べ方は太りにくくダイエットに最適!
糖化予防と糖尿病の予防にもなるんです。

 

空腹時に血糖値が急激に上がる糖質の高い食べ物を摂ると
太りやすいだけではなくて生活習慣病の要因になってしまいます。

食べる時間帯に注意!

夜食や寝る前の食事は太りやすいだけじゃないんです!
寝ている間に消化酵素の無駄遣いをして老化を加速させるので寝る4時間前には食事を済ませたいところ。

アンチエイジングにおすすめの食べ物

有機農法の玄米

玄米は食物繊維が白米の6倍もあると言われていて、ビタミンやミネラルも豊富で栄養価が高いです。
玄米や全粒粉パスタ、パンなど低GI食品は、
白米や白いパンに比べて血糖値をゆっくり上げるので生活習慣病の予防になると言われています。

擬似穀類(アマランサス、キヌアなど)

アマランサスとキヌアは話題のスーパーフードですね。
アマランサスのすごいところは栄養価の高さです!
白米と比較すると、タンパク質2倍、カルシウム20倍、
鉄10倍以上、マグネシウム12倍、食物繊維5倍とも、もっとあるともいわれています。

 

テレビで女優さんがアマランサスを食べ始めたら便秘が解消して太りにくくなったと言っているのを見て試してみました。

 

私のおすすめの食べ方は有機玄米と一緒に炊くこと。
いつもの玄米よりさらに多くの栄養素が摂れるので肌の調子も良くなったと思います。
アンチエイジングにもよさそうです!

 

玄米やお米と一緒に炊くときは、お水の量は通常よりほんの少し多くするといいと思います。
栄養価の高いスーパーフードのキヌアや、その他の雑穀がブレンドされたものも一緒に炊いて香ばしい玄米を食べています♪

青魚

イワシ、アジ、サバなど青魚は必須脂肪酸であるDHAとEPAが豊富に含まれています。
血液サラサラ効果で若返りにピッタリの食べ物♪
中性脂肪、悪玉コレステロールを減少させて、善玉コレステロールを増やすと言われています。

納豆、豆腐、味噌など大豆食品

ビタミンEとイソフラボンが豊富で40代の女性にうれしい若返り食材。

亜麻仁油、えごま油などオメガ3系のオイル

αリノレン酸が多い油。
体内では作り出せない不飽和脂肪酸で、食事で摂ると生活習慣病の予防が期待できると言われています。
油というと太りそうなイメージですが、オメガ3の油は血液中の中性脂肪を抑えてダイエットにいいと言われています。

 

加熱すると酸化してしまうので、私は納豆にアマニ油などのオメガ3系のオイルをかけて食べています。
そのおかげなのか、健康診断ではいつも悪玉コレステロールが低いです。
最近はサラダなどいろんな食べ物にアマニ油を掛けて食べています。
オメガ3系のオイルはアトピーの症状を抑えるという報告もあり、体にとって必要ですが、
多く摂取すればよいというものではなく他の脂肪酸とのバランスが大事です。
オメガ3とオメガ6(オリーブオイル)の理想の割合は1:4です。

健康食