若返りと老化を左右するホルモンたち

相談

40代半ばから急速に女性ホルモンの分泌が減少して更年期に突入します。
女性ホルモンであるエストロゲンは、肌や髪を美しく保って女性らしい体つきにするなど若さを左右するホルモンです。

 

ショックですが閉経後には、同年代の男性よりもエストロゲンが少なくなってしまうって知ってましたか?
40代になって太りやすくなり肌も老化して、女性ホルモンの働きがいかに大きかったか実感しています。

 

女性ホルモンの分泌が低下することで起きる体の変化や更年期障害にどのような対処をすればいいか、
40代以降のこの時期を乗り切って若返りにつなげる方法をご紹介します。

女性ホルモンと老化

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の二種類があります。
肌や髪の若さを保って、女性らしい体つきを作るホルモンがエストロゲンです。
抗酸化作用があり若返りに作用します。
そのほかにも悪玉コレステロールを抑えて動脈硬化の予防に役立つなど重要なホルモンです。

女性ホルモンのバランスが乱れると起きる変化

エストロゲンの減少で肌が乾燥してシミ、しわができやすくなり老化を加速させてしまいます。
太りやすく髪の老化や薄毛にも密接な関係があります。
閉経後にはエストロゲンの分泌がされなくなるので顔だけじゃなく体中の乾燥が進みます。

更年期の女性に起きる変化

症状

閉経前後の更年期には、個人差はありますが以下のような症状が出る人もいます。

  • 不眠
  • 肩こり
  • 多汗、ほてり(ホットフラッシュ)
  • イライラ、不安感、うつ
  • 動悸
  • 頭痛・めまい

その他、骨粗しょう症や動脈硬化の発症率が増加するなど、
病気のリスクが高まることがあります。

更年期を乗り切って若返りにつなげる方法

更年期障害のことは親しい人にも話しづらい人もいると思います。
でも一人で悩まずにぜひ病院で相談してみてください。
更年期の症状に対処する方法をまとめてみました。

ホルモン補充療法(HRT)

更年期の症状がつらい方は婦人科で相談するとホルモン補充療法を受けられます。
アンチエイジングの観点からも注目を集めているホルモン補充療法(HRT)。

 

よくわからないとホルモンの補充なんて怖いような気がしますが、
ホルモン療法を受けてびっくりするくらい更年期の症状が軽くなった人もいるんです!
更年期の症状がない人でもHRTを受けると老化を防いでくれるので、
閉経後には治療をすすめる医師もいます。

 

私も長年通っている婦人科の先生に「きれいに年が取れるよ」と聞きました。
HRTは内服薬と貼り薬、塗り薬があり、更年期障害がある人や女性ホルモンの減少で保険が適用されます。

漢方で更年期対策

更年期がつらくても他の病気などでホルモン補充療法が受けられない方や
ホルモン補充療法を受けるほどではないけれど更年期対策がしたい方には
漢方で更年期の症状を抑える方法もあります。
漢方は「気・血・水」のバランスを取るという考え方があり、
自分の体質によって合う漢方が変わるので医師や漢方医に相談しましょう。

更年期の症状改善に代表的な漢方

漢方

  • 加味逍遥散(かみしょうさん)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 加味逍遙散(かみしょうようさん)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 温清飲(うんせいいん)

漢方には若返りにいいと言われる生薬が多くあります。
是非興味のある方は医師や薬剤師に相談してみて下さい。

女性ホルモンのかわりにとりたい栄養素

女性ホルモンと似た働きをする成分を含む食べ物を積極的に摂って、
肌の若返りに役立てましょう。

イソフラボン

イソフラボン

大豆に含まれるポリフェノールの一種で女性ホルモンに似た働きをする成分です。
イソフラボンは「植物性エストロゲン」と呼ばれています。

多く含まれている食品

豆腐や納豆、味噌など大豆食品。
最近豆乳がタンパク質の消化やミネラルの吸収の邪魔をすると聞いて、
若返りを期待して長年飲んでいた私はショックを受けています!
大豆食品を摂るなら発酵した大豆食品がおすすめです。